↑インスタを見る。
(ブログよりリアルタイムで更新しています。)

ブログ

ミラも里親さま募集しています。

2019/11/22

(本日2本目の記事です。)
ななめ猫たち。

ミラ。
元ぼーちゃん。
宮前平ではボスでした。
シェルターに来て、ケージ隔離されていても、ボスっぷりは健在でした。(遠隔ボス)
皆とにかくミラに向かって鳴いたり、ミラが動くとケージ越しなのにモネがスリスリクネクネして甘えたり、ミラが"招集"するような鳴き声を発する(かなりうるさい)と、それまでまったり寝ていた子まで起きてほぼ全員で大合唱する、という・・・
(毎回無視して寝ていたのはななめぐらい)

・・・進撃の巨人でいう「獣の巨人」みたいな子だなぁと笑

ミラ「そんな事ないニャ、ただの猫にゃ。」

その目でじっと見つめられるとね。
この距離感も何か。

「ほらおっぴろげニャよ。」

ミラさん、そんな・・・

「ごはんくれたらよろしニャ。」

食いしん坊過ぎ。
そして賢すぎ。

各ケージ掃除兼おやつタイムは、フリーの子が私の周りをワッチャワチャ取り囲んでいて。
各ケージを回りながら、床に複数置いてあるお皿にチャッとおやつ汁を撒きながら進むのですが。
どこにチャッとやるかは私次第で、チャッとやったお皿にワッと群がるのです。
そして、ありつけなかった子は、私に向かってワーワーおねだりしたり、他のお皿にないか探しに行ったり。

ミラは、しゃがんでいる私と目の前の掃除中トイレの間に入り込んでいて、私の右腕が上がると(←おやつ汁ボトルを手に取る)右腕の下に入り、そのまま右腕が動く方向に進み、右手の先に行き、ドンピシャでおやつ汁の入ったお皿にありつきます笑
私の行動を全部見て理解しているようです汗

「閉じ込めてどうするニャ。」

今は小ケージinでごはんを食べています。
最初の頃はやはり嫌がってました。
特に騒ぎ立てたりせずでしたが、どこかに出られる穴があるんじゃないかと自信ありげに脱出を試みていました。
(ミラは、捕獲器にかかっても自力で脱出できた成功体験があります。)

ビリーーーッ

覆っていたバスタオル、軽く引き裂いていました。
かなりのパワーでビックリしましたΣ

小ケージの開け閉めは、必ず観察されます笑
ただ、2,3回の小ケージinのごはんタイムを経験して、脱出行動を止めてすんなり従ってくれるようになりました。

「ここでごはんが出現するのは何故ニャ。」

作業台でおやつ汁を作っていたら、乗られました。(第1匹目)

「いつか解き明かすニャ。」

どこまで賢いのか。こわいよ。

フリーになって、しばらくはまだあの"招集"声を突然発してボス感を出すこともありました。
しかし、今はなくなり、ただの賢いミラ。という感じです。

「何にゃ、いけないかニャ。」

マキのケージ上に置いてある、極上ふわふわ猫ベッド。
ミラしかいないよ。
これが床に置いてあると、リルなんかこれの半径50cmは近寄れなくなってしまってわざわざ遠回りしたりするのに。。

「こっちも全然いけるニャよ。」

こちらは皆に愛されている緑フカフカ。

*動画*
そんなこんな、私の興味を一心に惹きつけて止まないミラ。
フリーにしてからしばらくは一定の距離を置いて観察されていたのですが、今はベッタベタのゴロゴロになっています。
信頼関係を築くまでは、観察されてる感があったりすると思うのですが、ミラが一度納得したらゴロゴロになると思います。

▶爪が伸びていて私の手に刺さっているのと興奮して手を噛んでいますが笑、ケージ隔離中の最初の頃から、手の出し方がとっても丁寧で優しく、人馴れしていない子にありがちな'乱暴にひっかく'という事は全くありませんでした。

ななめ猫たちはちょっと、小さい子がいるご家庭だと厳しいかなぁと思ったりしていたのですが、ミラなら大丈夫かなと思っています。


(動画が表示されていない場合は、このページを再読み込みすると表示されるかと思います。
それでも見られない場合は、コチラ。)

撮影していない時は、両手でゴッシゴシのガッシガシです。
(リルが若干引いて後ずさりしてますねw)