↑インスタを見る。
(ブログよりリアルタイムで更新しています。)

宮前平出身:ゴマちゃん。

2019/7/25

(本日3本目の記事です。)
「ななめ猫たち」のトマトをiakaneさん宅に移動した時のお話。

そして、いつか記事にしよう、と思っていた事も。

ゴマちゃん(男の子)。

宮前平出身の子です。
去年のTNRの際に、子猫枠で保護しましたが、カリシやリンパの腫れが酷く、長く生きられないと思われた子。
里親さまを募集せず、iakaneさんの子になりました。
今は、すっかり元気‼
こんなに美猫‼
言い方悪いかもですが、強い個性や癖が全くなく、誰とでも仲良くできて、来客対応もしてくれます。

ゴマちゃん「誰か来るニャ?」

トマトが来るよー。

「ヒ、ヒモ・・・」
「おもちゃに釣られるボク・・・」

保護したばかりの「ななめ猫たち」。
皆それぞれに健康状態は悪いのですが、ちゃんとケアを行えば、このゴマちゃんのようになってくれると信じています。
なので、もし家族に迎える子を探している方がおりましたら、今の状況だけで判断して候補から外すのではなく、少し見守って頂ければと思いますm(__)m

ピースケ「・・・♪」

ケージ作り中に顔を出してくれた子。
私には「ヘラヘラちゃん!」とか「ブタちゃん!」とか言われて、いつも私に笑いをもたらしてくれます。
最近iakaneさんの子になったんですが、11歳で飼育放棄されました。

「ペット不可に引っ越すから、この子を飼ってあげて欲しいです。」と頼まれたそう・・・。
良かったね~飼育放棄されて‼
病気のオンパレードだったけど、iakaneさんが善くしてくれるよ‼

後ろ姿。

ゴマちゃんと、ピースケの後ろ姿が一緒で、結構見間違えます。

「完成かニャ!」
トマトケージ完成。

(K様寄付のケージです、ありがとうございます!!)
トマトは、ここで保護して、そのまま出産してもらうことになりました。
メンバーと土地の所有者さんとしっかり話し合った結果です。

ちなみに、今回のこの宮前平の現場ですが、こんなに猫が増えてしまったのは土地の所有者さんが一番の原因ではありません。
所有者さんの土地内にいくつかアパートがあるのですが、そこに住む高齢の方が大量に餌やりをしていたり、近隣でも餌やりさんがおり、猫にとっては居心地の良いこの土地に居着き、増えてしまった、というのが正しいと思います。
土地の所有者さんも、各所に連絡しSOSは出したのですが、「捕獲器を貸しますから自分で捕まえてください」だけの回答だったそうです。

トマト。

また環境が変わってゴメンね。

生まれた子は、トマトの子なので男の子なら「サム」、女の子なら「マリー」と決めました。
無事、元気な子が生まれますように。