↑インスタを見る。
(ブログよりリアルタイムで更新しています。)

NA008 トマト。

2019/7/25

(本日2本目の記事です。)
ななめ猫たちの紹介を。
7/17保護のトマト。

「・・・。」

鎮静がきくのを待つ間、いつも私と先生で性別の予想を行うのですが、私は「女の子っぽい」、先生は「オスでしょ」と。

耳カットなしなので、性別が判明次第対応も変わり。
オスの場合はすぐに手術室で去勢手術ができるけど、メスだったら後日にしてね、と。
(診察時間過ぎで診療をして頂いているため。)

先生「ありゃー。」

結果は、メスで妊娠中でした。

お乳の具合から、出産後にすぐに妊娠、という感じだそうです。

子どもは1匹。

妊娠中のためできる処置も少ないまま、ななめ猫シェルターに入りました。

その後、メンバーがトマトケージの扉を閉め忘れてシェルターを退去。
翌朝の私の当番時にシェルター内脱走が発覚。

(参考資料:ロイケージ)

↑この引き戸タイプのケージをトマトには使っていました。
自シェルターではロイがこのケージを使っており、私も「閉め忘れが怖いな-_-」とずっと思ってまして。
ロイが来てから最近まで、毎日毎回、写真のように結束バンドで止め、開ける時はハサミで切り。
それをすることで、結束バンドをした記憶は残るのでシェルターを出た時に「あれ、閉めたっけ?Σ」の不安がなくなります。
トマトケージも、「ヒモかクリップみたいの用意した方がイイね」と話していた矢先の事でした。

話は戻り、トマト。
人が不在の時に、トマトケージに戻っておしっこしたりご飯を食べてる様子。
可哀想ですが、ケージ内に捕獲器を設置し、再捕獲しました。

不慮の出来事も含めこの一連の流れを通して、今いるななめ猫たちの中で一番人馴れが早いんではないか、と。
そこで、捕獲器に入ったトマトを、iakaneさん宅に移動させました。

iakaneさん宅の、トマトケージの、キャリーの中で。


NA008 トマト
FIV(-) FeLV(-)
3.48kg

保護場所:iakane宅